ゼアキサンチン

ゼアキサンチンの効果効能

ゼアキサンチンとはカロテノイドの一種、その代表的な効能は白内障や黄斑変性症を予防する効果が期待できることです。

 

ゼアキサンチンはルテインとともに目の黄斑部で働くことで活性酸素を無害化し、白内障あるいは黄斑変性症などと言った眼病全般を予防するといわれています。

 

 

目の活性酸素が作られる原因

我々は必ず光を通して色彩を認識してるわけなんですが、光を目に入れると同時に活性酸素を発生させています。この活性酸素が発生し続けると白内障・翼状片・瞼裂斑・目の充血・異物感・ドライアイ・眼精疲労などといった症状を引き起こします。

 

とくに活性酸素が作られてしまうその原因はテレビやパソコン、携帯にスマホから出る「青色光」や太陽光線からでる紫外線が活性酸素を生成する原因とされています。

 

抗酸化作用のゼアキサンチンで眼病を予防している

我々の眼は常にゼアキサンチンやルティンによって保護されています。強力な抗酸化作用のあるゼアキサンチンやルティンが減少し無くなってしまうと言うことは「裸で北極に放り込まれる」ようなもの。

 

バリアー的役割を持つゼアキサンチンが減少することは目の死を意味することと同義です。

 

視力低下・ドライアイ・充血・眼病を予防したい方はゼアキサンチンの補給が必須となってきます。

 

ゼアキサンチンを多く含む食材

パプリカ、ほうれん草、とうもろこしなどに多く含まれております。

 

1日に必要なゼアキサンチン摂取量

成人男性ですと1日に必要なゼアキサンチン量は約7gとなっています。

 

ちなみにトウモロコシで摂取する場合、1日にトウモロコシを3本ほど食べることとなります。また、レタスであれば18玉のレタスを食べなければなりません。

 

1日分を完全に摂取することが難しい故に年寄りに多い白内障などの眼病。理想的には成分が凝縮されていたサプリメントで補うのが現実的と言えます。

 

人気のゼアキサンチン補給サプリ