運転免許で必要な視力は?

目が悪いと取得できない免許と言うものが世の中には結構、ありふれています。

 

『運転免許』は質問が多いもの。必要となる視力とはどのくらいなのでしょうか?

 

 

  • 原付・小型特殊

裸眼または矯正視力で両目ともに0.5以上。一眼が条件を満たしていない場合は、もう片方の目の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上が必要。

 

  • 普通一種・自動二輪・大型特殊

裸眼または矯正視力で両目ともに0.7以上&各眼は最低0.3以上必要。一眼の視力が0.3に満たない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力が0.7以上が必要。

 

  • 大型・けん引・第二種

裸眼または矯正視力で両目ともに0.8以上&各眼は最低0.5以上必要。さらに三桿法の奥行知覚検査器を3回検査し、平均誤差が2センチメートル以下であることが必要。

 

 

ちなみに矯正視力とは、眼鏡やコンタクトレンズを使った際の視力です。

 

こうしてみると、大型になるほど必要となる視力がシビアになっていきますね。深夜まで勉強して、疲れ目の状態で試験を受けたがために、実技試験やペーパーテストは完璧でも視力検査で引っ掛かり、泣く泣く試験に落ちてしまった………なんてケースも多いそう。

 

 

試験に向けて一生懸命、勉強するのはもちろん大切ですが、『視力ケア』を疎かにすると視力検査で引っ掛かり、免許が取得できない可能性もありますのでご注意ください?!