紫外線で視力低下はウソ!でもない

健康的な目の人ですと、紫外線による視力低下の可能性はほとんどありません、しかし、紫外線から目を守ってくれているルティンやゼアキサンチンといった成分が減少している方は気を付けた方が良いかもしれませんね。

 

太陽の光に含まれる紫外線は、眼にダメージを与えると巷では言われていますが、角膜など眼の組織で遮断され、眼底にはわずかしか紫外線は届かない。だから、外出時にサングラスをかける必要は基本的にありません。

 

人間の角膜はターンオーバーによって再生を繰り返しているため、ちょっとやそっとの紫外線でいきなり目がダメになったりすることはない。
だからといってなにも気をつけなくても良いかと言うとそうではなく、夏の強い日差しや冬のスキー場など、特に強い紫外線を浴びることになります。場合によっては、角膜の再生スピードが追いつかずに、俗に言う雪目と呼ばれる角膜炎を起こしてしまうことがあります。

 

また、紫外線は眼病の原因ともなります。

 

長く紫外線にさらされるような環境では、白内障や翼状片(よくじょうへん)などの眼病を起こしやすくなるので、職業が交通警備の方やドライバーの方などはサングラスをした方が良いでしょう。

 

パソコン作業やスマホ操作でブルーライトを長時間浴びている方は、目の保護成分ルティン、ゼアキサンチンが減少している可能性があり、紫外線のダメージが大きい方もいますので注意しましょう。