紫外線は目にも良くない

紫外線と言えば、日焼けによるシミや皮膚がんを想像しますが目への影響が一番デカイのではないでしょうか。

 

直接的に太陽を見なくても地面や建物の反射によって、我々はあらゆる角度から紫外線を目に浴びているのですが目にとって非常に厄介者なのです。

 

紫外線の悪影響

紫外線により視神経にダメージを受けた場合、視力低下を引き起こすのはもちろんのこと様々な症状を引き起こします。

 

  • 眼精疲労
  • 目の充血
  • 異物感
  • ドライアイ
  • 「白内障」という病気になる
  • 「翼状片」という病気になる
  • 「瞼裂斑」という病気になる

とくに目の充血やドライアイは翼状片と瞼裂斑の初期症状、あまりに酷い場合は一度病院で精査してもらいましょう。

 

翼状片は白目細胞が黒目に浸食してくる病気。紫外線により白目と黒目との境目が傷つき、細胞の修復を行った際に起こると考えられています。

 

充血やドライアイの他にも異物感、眼精疲労となって症状が現れます。

 

 

白内障は水晶体が濁ってくる病気ですがその原因に紫外線が関わっているとされています。

 

 

瞼裂斑は白目の一部が変色したり盛り上がってくる病気。瞼裂斑が進行すると炎症を起こし充血やドライアイなどの症状が出るようになります。

 

紫外線から目を守るには

都会の舗装された路面は紫外線をバンバン反射しますので警備員、誘導員など外で長時間働く人ですとサングラスやUVカット機能のあるコンタクトをすることをオススメします。

 

ちなみにサングラスは濃いほどよさそうなのですが瞳孔が開き、紫外線の影響を受けやすいため、以外にも薄い色のサングラスが良いとされています。また、つばの広い帽子も上空からの紫外線対策に良いです。

 

 

もうひとつは「ルテイン」を摂ること。

 

紫外線を浴びて眼病になったりする原因と言うのが「活性酸素の発生」、つまり活性酸素を発生させないためには、抗酸化作用の高いルテインを多く含む食品を摂取すること。

 

ルティンは緑黄色野菜にもっとも多く含まれますが、野菜の値段が高騰してきているこの世の中ですので食卓に並ぶ野菜はどの家庭でも減少しつつあります。安くて効率良くルティンを摂取するにはサプリメント。さらに吸収率が良いのでもっとも現実的な有効手段でしょう。

 

 

低価格!眼病予防に人気のサプリ