緑内障とは

緑内障とは一般的に眼圧異常が障害となって視神経を圧迫し視野が欠けてくる病気のこと。一度ダメージを受けた視神経細胞は再生することがないため緑内障が進行しますと最終的に失明する可能性があります。

 

緑内障は40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気だったりして実はこのサイトをご覧いただいているあなたも緑内障かもしれません。

 

しかしこれも食生活の欧米化やパソコン&スマホの普及により緑内障も若年化が進んでおり、若いからと言って発症しないというわけではありません。

 

 

また眼圧が正常値であっても「正常眼圧緑内障」もあるため眼圧は一つの緑内障要因であるとお考えください。

 

緑内障の原因

緑内障のもっとも多いとされる原因は眼圧の上昇。眼圧が上がると視神経にダメージを与え徐々に視野を奪っていきます。

 

しかし我々日本人に多いのは眼圧上昇による緑内障ではなくて、眼圧が高くなくても発症してしまう「正常眼圧緑内障」。正常値よりも眼圧が高くなる時間がある場合、あるいは視神経が弱いために正常範囲内の眼圧でも傷ついてしまう場合が考えられます。

 

つまり、日本人は視神経が弱い人種であると言えましょう。

 

こんな人は正常眼圧緑内障になりやすい

  • 冷え性である
  • 血圧が低い
  • よく頭痛がおきる
  • 血縁者に緑内障を発症した人がいる
  • かなりの近視
  • 人よりも体温が低い

日本人に多い近視ですが、近視が酷い人ほど緑内障リスクが高まると言われています。

 

低体温や頭痛、冷え性などがあてはまる人は血行が良くないことが考えられ、血の巡りが悪い人は視神経にダメージを負いやすいのです。

 

 

緑内障の症状

  • 視野が欠けるようになった
  • 視野が狭くなってきた
  • 視力が低下してきた

と言う方はご注意ください。緑内障の症状であります。

 

緑内障は自覚症状がほとんどないため、見え方に違和感を感じた時にはすでに緑内障が進んでいる可能性があります。

 

緑内障は進行速度がゆっくり、視野が少しずつ狭くなっていくため馴れてしまい異常性を感じられない…というのが一番の要因でしょう。急性の緑内障の場合ですと急激に眼圧が上がる為、頭痛、吐き気、目の痛みを起こすので症状としてわかりやすいでしょう。

 

緑内障の予防方法

緑内障の原因とされるのが野菜不足、甘いもの糖分の摂りすぎ、仕事などで目を酷使しすぎたために眼精疲労になった、ストレスの多い生活、運動不足などが緑内障発症に関係しています。

 

疲れた時は甘いものを欲するものですが、ほどほどにして目を休ませる。

 

緑内障の予防には「ルテイン」「ゼアキサンチン」を摂取するのが一番効率が良いのですが、体内では作られないため食べ物やサプリメントなどで補わなくてはなりません。

 

抗酸化作用があるルティンは視神経細胞のダメージを無効化したりするためバリアーのような働きがあります。

 

 

低価格!眼病予防に人気のサプリ