ルティン

ルティンの効果効能

ルティン野菜・果物・海草などに含まれる色素の一種で目の健康維持に欠かせない成分の一つです。しかしこのルティン、私たちの体内で作り出されないため食事やサプリメントなどで補う必要があります。

 

体内のルティンが減少しますと白内障・緑内障・加齢黄斑変性症などの眼病リスクが高まります。

 

目は紫外線の影響で眼病に

我々は必ず光を通して色彩を認識しています。しかし、光を目に入れると同時に活性酸素を発生させています。この活性酸素は白内障・翼状片・瞼裂斑・目の充血・異物感・ドライアイ・眼精疲労などを引き起こしてしまいます。

 

また、パソコンやスマホ、テレビから出る「青色光」についても活性酸素を発生させる原因となっています。

 

抗酸化作用のあるルティンは眼病に必須

上記のように我々の眼は常に、あなたがこのサイトをご覧になっている時にも青色光による害にさらされているのですが、強力な抗酸化作用のあるルティンは活性酸素から我々の眼を守っているわけなのです。

 

光が目の角膜→前房→水晶体→硝子体→網膜黄斑部を通ることで我々は目が見えているわけなのですが、黄斑部と水晶体にはルテインが集中していて、水晶体に存在するルテインは「青色光」を除去するための言わばフィルターの役目が、そして黄斑部に存在するルテインは一生懸命に活性酸素を無害にしています。

 

つまり、バリアー的役割を持つルテインが減少することは目が無防備にさらされるわけですから、太陽からでる紫外線やパソコンなどから出る青色光からのダメージをモロに受け、視力低下あるいは眼の病気を引き起こしてしまうリスクがグンと高くなるわけなのです。

 

ルティンを多く含む食材

ルテインは特に緑黄色野菜に多く含まれ、日々の野菜で値段も安く効率良く摂取するなら「ほうれん草」がオススメです

 

1日に必要なルティン摂取量

成人男性ですと1日に必要なルティン量は6gほどとなっています。

 

ホウレン草100gには約10gほどのルティンが含まれていますので毎日少量でも摂取するのが理想的です。ルテインは炒め物にして油といっしょにとることで吸収効果が高まります。

 

しかし、ルティンは酸化しやすいので食材は鮮度の良いうちに頂きましょう。

 

 

人気のルティン補給サプリ