競艇選手は、目が悪くてもなれる!?

目が悪いと就職できない職業と言うものが世の中には結構、ありふれています。

 

『競艇選手』は、その中でも質問が多い業種ではないでしょうか?

 

そういえば、テレビでみる競艇選手は眼鏡をかけている人は見たことないですし、レース中は激しい水しぶきが上がる為、コンタクトレンズも難しそうです。

 

 

まず、結論から言わせてもらえばあこがれの競艇選手になるためには眼鏡やコンタクトレンズなど、視力矯正は不可となっています。

 

 

つまり競艇選手となる第一条件は裸眼である程度、目が良くなければなりません。

 

騎手になるための裸眼視力の条件は、両眼とも0.8以上必要となってきます。視力矯正が不可とはいえ、思ったほど騎手となるために高い視力がいるわけではないことが救いですね。

 

 

これくらいの視力ですとわざわざリスクを冒してまでもレーシック手術なんかしなくても、「ルティン」や「アントシアニン」を補えるサプリメントや、視力トレーニングなどによって視力を回復させたり、上げたりが可能です。